FC2ブログ
2018/06/18

保護当時と、その後 ビフォーアフター

ふわふわ子猫ちゃんの事を最初から知っていただきたく、保護当時の写真をアップします。

実は保護は衝動的に行ったものでした。
とある地域で猫が増え、過去に車に轢かれたりして小さな子猫が毎回のように亡くなっていると、その近所の方から聞いていました。

餌はやるが放任、の状態で、このままでは不幸な猫が増えるだけ、近所から猫が嫌われるだけ…
と個人でTNR(野良猫が増えないよう避妊手術する活動)をする決意をしました。

私は、今まで自宅周りの野良猫も同じくTNRし、子猫や比較的人馴れが早かった子、状態がよくなくケアが必要だった子はそのまま保護し、里親さんを探しました。
稚拙すぎる過去ブログをプロフィール内からご覧いただければ載っていますが、里親さんを探していた子達は素晴らしいご家族に迎えられ、今も幸せそうな近況をお知らせくださいます。

さて、今回の現場、TNRするには良いが、今まで淘汰されてきた子猫はどうするか…と頭を悩ませていたところ、
ひとりボーっとしてるこの子を発見!!
自分でもびっくりするくらい、体が勝手に動いて、手で捕まえました。

子猫達は猫風邪をひいており、ふわふわ子猫ちゃんを保護して分かりましたが、ありえない数のノミだらけ。
私に手で捕まるくらい、体力もなくボーっとしておとなしかったので、あのまま外にいたらきっと亡くなった子達の仲間入りだったろうな…と考えます。


最初は困惑と恐怖で固まっていましたが、家にあった猫缶をとりあえずあげてみた所、
人間が目の前にいて慣れない場所に連れてこられたにも関わらず、すぐにバクバクと食べ始めました。
IMG_8580.jpg

普通はなかなか人前で食べません。
よっぽどお腹が減っていたのと、すぐに人馴れするタイプだと分かりました。

それに、シャーシャーと言う割には、撫でてみたらゴロゴロすりすり…
IMG_8699.jpg


この写真は数日後の。
IMG_8684.jpg

ノミも完全に落ち、自慢の毛並みはふわふわに。
完全に人馴れしたので、というか人が大好きみたいなので、怖がって心細げだった表情も、今では子猫らしくあどけなくもしっかりしたお顔になっています(*´ω`*)
ボーっとした半目の表情がご愛嬌♡

我が家は多頭なので、本当は保護するにもかなりの覚悟が必要、悩みましたが、可愛いこの子を見ていると、保護できて良かったなあ。幸せになって欲しいなあ。
と心から思わずにおれません。

どうか、責任と愛情のある素敵な里親さんに迎えていただけますように。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント