FC2ブログ
2018/08/29

ツイッターアップ写真まとめ☆

ツイッター、やっぱり動画や写真をどんどんアップできるのでやりやすいです!
保護猫たちの日々の様子を載せていくので、可愛いのも、楽しいのも、調子崩して病院行った様子め。
見てくださってる方、特に未来のご家族が、一緒にこの子達を育ててるみたいに感じていただけるんじゃないかな!と期待。
毎日結構アップしてますよ〜!


ツイッターがやりやすいのでブログが疎かになるのは否めない…(~_~;)
ここぞ、という記事はやはりブログで、
日々の様子の動画や写真はツイッターに載せていきますので、
そちらの方も見ていただけたら嬉しいです!

ツイッター
https://twitter.com/chatmi6


ツイッターにも載せた、最近の写真から抜粋♡


今日もにゃかよし盛り盛りコンビです♪

20180829000001922.jpeg


シュシュin洗濯カゴ(笑)

201808290000027c3.jpeg



後でふと見たら、ポワも一緒に入ってた。

20180829000506d15.jpeg



可愛い〜♡


このふたりは本当に同じ行動が多いです。

こないだも、ふと寝室のダストボックス(空)を見てみたら

20180829000008711.jpeg



ポワがinしてた(笑)


「何してんの〜」と見にくるシュシュ。

2018082900000559e.jpeg



ポワにはちょうど良いハウスだね♪

20180829000006c9d.jpeg




その後、ポワが出て行ったら今度はシュシュがinしてるし(笑)

20180829000011c49.jpeg



もう、この子達は〜〜〜(о´∀`о)

20180829000009ea9.jpeg



やっぱりふたりで一緒にいて欲しいんだなあ。



ところで、シュシュは成長するごとに毛並みのふわふわ具合が増していきます…!
私が寝転んでると必ずゴロゴロ言いながら上に飛び乗ってきてくれるのですが(萌)、
ホワホワでたまりません!!

シッポは特にふさふさなので、スリスリされると顔にファッサファッサ当たって、いつまでもやってほしいほど気持ちいいです♡

20180829001159eda.jpeg



201808290012062f2.jpeg



すごいでしょー、このシッポ♡


☆☆5キティズ

先日病院に行って、お目目も体調も本当に良くなりました!
先生にもビックリされるくらい綺麗ですよ!

ツイッターにはリアルタイムで報告してますが、
かと思ったらキジトラちゃんと茶白ボブテイルちゃんが原因不明のアレルギーで顔が腫れたりして心配しましたが、
注射と薬ですぐに治りました!


おそらくですが、前日から飲ませた、病院で出された消化を良くする酵素が合わなかったのかなあ、と。
ご飯アレルギーだったらどうしよう、とドキドキしましたが、そのタイミングで新しく始めたのって酵素だし、それをストップしてみたら出なくなったので…
酵素でもアレルギー出るのかなあ。
引き続き様子を見ていきますが、一過性で間違いないかな。

本当に元気いっぱい!よく遊びよく甘え、よく食べています!


↓保護から5日目くらいの
201808290039454bf.jpeg
2018082900394438b.jpeg
20180829003505fd5.jpeg
20180829003946c8d.jpeg
20180829003503f42.jpeg
20180829003458ed7.jpeg
201808290035006fc.jpeg
201808290035012b3.jpeg



本当に元気になってくれました(涙)
初めは衰弱して死ぬんじゃないかと思いましたしね。
キジ白ちゃんの片目は間に合いませんでしたが、それも綺麗に膜が張って保護されていますし、
みんな失明一歩手前と宣告された所からビックリするくらいの回復を見せてくれました。
本当に素晴らしい(T_T)


弱って汚れて、両目がふさがるくらい結膜炎がひどかったのに比べて、今の可愛いさ元気さったら!

この生命力の尊さもまた、この子達の魅力になるんではないかな。
本当にみんな良く頑張ったね!!!

今はただの可愛い可愛すぎる子猫達です♡
続きはまたツイッターを見に来ていただけたら嬉しいです!

20180829004629edd.jpeg
20180829004630f2f.jpeg
20180829004824f89.jpeg
2018082900482412c.jpeg
201808290048260a7.jpeg
20180829004827219.jpeg
20180829004829cda.jpeg
20180829004830eca.jpeg
201808290048323ba.jpeg
20180829004833684.jpeg
20180829004835225.jpeg
2018082900485401a.jpeg
20180829004855843.jpeg

スポンサーサイト
2018/08/22

ツイッター始めました!&5キティズ、元気に♪

保護した5キティズのお世話とTNRで時間が足りなく、ブログになかなか手をつけられず(T . T)

あと、ブログにどうやっても動画をアップできません;

里親希望者さんには、ぜひリアルタイムで写真を見ていただきたい!!
実際に動いているかわいい保護猫たちの様子を動画で見ていただきたい!!

そこで、新しくツイッターを始める事にしました!

↓こちら

https://twitter.com/chatmi6

まだあまり投稿してませんが、
これからはツイッターの方が早いと思います。
ぜひみんなのリアルをご覧いただきたいです!!


☆シュシュとポワ

里親募集には写真が命!!
里親募集写真の神と思ってる方に、アドバイスと、試し撮りしたポワの写真を美しくリタッチした写真をいただきましたー!


20180822202903274.jpeg



美しい写真に!
ポワのべっぴんさんぶりが際立つ〜♡♡♡

5キティズも頑張って綺麗な写真撮らないとね!

20180822224144d5d.jpeg



シュシュはかわいすぎます♡

201808222030470df.jpeg



身体に登ってきて、抱きついてきます(T . T)
きゅんきゅんしちゃうー!

20180822203139126.jpeg


20180822203155cd6.jpeg



シュシュとポワ、まだまだこれからも一緒にいられるご縁を探し中です!

2018082220324587c.jpeg





☆5キティズ、
あれから見違えるように元気になりました!!(;_;)

先生からも再診の時、「みんな目がすごくよくなってるじゃない!」と褒めていただきました♪
特にキジトラちゃんは、「この子ってあの膿溜まってた子?あれ??」とカルテを確認されるくらい。
睡眠削って必死に頑張りましたもの!

最初、目やにで完全に閉じた瞼の中で、膿が溜まって診察の時噴き出すくらいだったんですよ。
そのくらい、猫風邪をこじらせると怖いのです。


目も開いて、
うずくまっていたのがしっかり立ち、
今では兄弟同士とっても元気よくじゃれ合い、走り回っています!

20180822231327f1f.jpeg


動きも遅くトロトロとしていたのが、今はすばしっこくて、投薬するのが大変なほど。
とってもとっても嬉しい悲鳴です( ;∀;)

20180822231343cd4.png



これが子猫の本来の姿ですよね。゚(゚´ω`゚)゚。



片目が潰れてしまい、一番小さくて痩せて衰弱して動かなかったキジ白ちゃんの回復っぷりは特にすごいです!


↓私の足にじゃれているところ。

20180822231641f69.png



とてもよく動きます♪
やんちゃやんちゃ!
自由に動けるのが嬉しいんでしょうか。


20180822231958fc8.jpeg



片目は可哀想な事になってしまいましたが、
本にゃんは
「そんなのへっちゃらだよ!ぼく元気だよ!」と言わんばかりです♡



みんな食欲もモリモリで、夢中で食べています。
最初に比べると違いがすごい!
この子達はすごい!!!


20180822232335d7f.jpeg



最初と見比べてみて下さい。
この違い!

20180816151942f4a.jpeg

2018081615202720c.jpeg


↓今ではご飯を用意すると我先にと飛びつき、わき目もふらず
猛烈に食べてくれます!

20180822232437f8a.jpeg



この生命力、衰弱から回復し生きようとする力。
尊いです。愛しい命です。

ぜひツイッターにて動画をみてくださいね。
とっっっても可愛くて、愛しいですよー!


5キティズ、コクシジウムが出てしまったので、投薬ののち、身体についた菌を洗い流して再発しないよう、
シャンプーせよ、と指示がありました。
風邪に影響ないか気になりましたが、よく乾かして、お互いなめあいっこもして、大丈夫でした!

ケージやトイレ、食器も丸洗いと消毒!しっかり直さないとね!

シャンプーしたら、ノミの糞が大量に流れていきました…;
そして綺麗に、ふわふわに!!
キティズも人間もすっきりです!
2018/08/18

5兄弟…でした。

シュシュとポワは元気ですよ♡

20180818004348cf4.jpeg



一緒にいるのが可愛くて、いつも写真を撮ります(о´∀`о)

2018081800441253b.jpeg



ポワは未だですが、シュシュは大人の歯が生えてきました。

20180818004532af3.jpeg



シュシュも、4ニャンズほどではないけど、猫風邪で目ヤニが酷くて、小さな身体に私も初めて見る量のノミをくっつけてて…
弱っててボーっとしてる所を手づかみで捕まえました。

201808180051465c0.jpeg


本当は長毛なのに、相当汚れてノミの糞で毛並みがゴワゴワ(!)だったので、毛並みもぺったりしています。
回復してからは本当にやんちゃになったので、やっぱり相当具合が悪かったんだな、と…


ポワも、猫風邪はあまり出てなくて元気そうに見えたけど、せっかくの白い毛並みは汚れていてゴワゴワだったし、
手づかみで捕まえ、持ち上げた時のびっくりするような軽さ…今でも感触が残っています。
月齢の割に、雪のように軽くて、びっくりすると同時に本当に切なくなりました。

2018081800564151d.jpeg


今では本当に元気で、猫風邪なんてあったの?というくらい綺麗になって、手がかからなくなったけど、
4ニャンズの様子を見てると余計に、
ふたりとも、よくあの場所でひとり生き延びてここまで丈夫になってくれたなあ、と感慨もひとしおです。


ペロン♪

20180818004703169.jpeg




4ニャンズ、医者から失明一歩手前の宣告を受け、必死に目薬投薬した結果、
次の日には目が塞がらなくなりました〜!!・゚・(つД`)・゚・
ううう…良かったー。
もう心配で必死だったよ…


明らかに元気も出てきたし、食欲も旺盛です!

2018081801551006b.jpeg


うねうね動いて、兄弟同士じゃれあってます♪

20180818015539bd2.jpeg



そういえば、ノミがいないだけでも、かなり皆すっきりした様子が見られました。
繰り返しますが、本当にひどいノミで!!触ったらびっしりって感じ。。

小さい体でしきりにカイカイしてるのはかわいそうでした…


野良猫にノミはつきものですが、やはり、決して平気な訳ではないんだな…と。。
小さい身体にあまりに沢山付いてたので、貧血もあったかも知れないですね。。


今は睡眠やご飯や遊びに集中できていて、元気も明らかに違いますよ☆


ひとりずつ紹介します。


ひとり目は茶トラ白ちゃんで長い尻尾。
一番大きくて症状もマシ。なんだか態度もひとり落ち着いてますね(笑)
お目目も少し開くようになって、綺麗なキトンブルーが見えました。

2018081801122558e.jpeg

.
ふたりめは、お目目は二番目に酷かったけど、塞がらなくなってたぶんちゃんと視力も残ってると思う…
じっとしないキジトラちゃん。
全然食べないのが心配だったけど、食欲も出てパクついてます!

201808180116065d8.jpeg



3番目は一番小さくてガリガリのキジ白ちゃん。
猫というより、生まれたての鳥の雛みたいに細くてか弱い…
…片目はダメでした。。。
お目目が痛かったせいで食べれなかったのか?衰弱してましたが、一番沢山ご飯を食べて元気になってきました。
片方の目で一生懸命こっちを見てくれています。

20180818011619d85.jpeg

.
最後は茶トラ白のボブテイルちゃん。
こちらも顔は汚れてますが、頑張って目を開けて世の中を見ています。
食欲も旺盛で、痩せている割には元気になってきました!

201808180116382dc.jpeg



昨日時点では皆パルボやコクシは出ず、元気は大丈夫そうです。
.
ちなみに、当たり前ですが、いつにも増して他の子との隔離と消毒はかなり気をつけてます!!
保護部屋にて隔離、お世話の後は
パルボ菌も殺菌できるという、お高いバイオウィルを惜しげもなくしょっちゅう振りまいてます。
自分にもシャワーしてます;
.

あと!里親さんからいただいたおススメの
シュッきり
も、次亜塩素酸でかなり強力な殺菌力だから効くそうです!

IMG_9284.jpg


見計らったかのような贈り物。
沢山いただいたのでマジで助かる~!!使いまくります!




で…、
4ニャンズ、保護した時、もう他にいないよね!?とかなり周りを見渡したのに、
2日後に同じ場所からひょっこり顔を見せてる子を発見…
5兄弟だったようです…orz


この子だけ元気で他の子と違ってよく動くので、たぶん4ニャンズの保護時は逃げていたのかなあ、と思います。

この子も結膜炎と目ヤニはありましたが、元気だし、もう無理すぎだし…と最後まで悩みました…が、結局連れて帰りました。。


20180818010628777.jpeg



結膜炎はかなりあるので、まだ目は小さくしか開きませんが、
綺麗な色の茶トラちゃんです♪
既に元気でやんちゃ。


悩む保護主を他所に、兄弟と再会して安心して嬉しそうで。

2018081801082230a.jpeg




…早くみんな元気にピカピカにして、
里親さんを頑張って探します。゚(゚´Д`゚)゚。




2018/08/16

またも保護

エルの命日前日…
TNR現場で見つけてしまった…

20180816151942f4a.jpeg




TNRの捕獲、1匹だけ捕まえよう…と思って現場赴いたら、捕まえられて喜んでた側で
たぶん匂いに釣られて物陰から這い出てきた、1ヶ月くらいの子猫4匹発見!!

生まれてた…間に合わなかった…


みんな猫風邪がひどい…
目が目ヤニで完全に塞がっていて、ちゃんと見えていないようでした。
そして明らかに衰弱気味でした。
なので、あまりその場から動かず、簡単に捕まってしまいました。




シュシュポワもいるのに、何をやってるのか…と自分でも無謀さにうんざり…
もしどうしても保護したい子がいたとしても、枠はあと1匹のつもりでした。


でも衰弱してて、このまま置いてても確実に死ぬ。
もし生き残れたとしてもそこからまた増えるだけ…。
たぶん失明も免れないでしょう…。

今までの子猫達もこうして衰弱死していったのかな…と思わされます。。


結局、後で捕まらずにヤキモキするより、と連れて帰ってしまいました。



猫風邪が酷すぎて目が腫れ、それぞれ片目両目が塞がっています(ToT)(ToT)(ToT)


チャトラと同じ柄の子もいます。

みんな状態悪いです。
捕まったのもそのせい。


神さま、それにしても具合が悪い子を4匹も、なんて正直勘弁して欲しかったよ(ToT)(ToT)(ToT)
号泣だよ。。


↓目を拭いてかろうじて開いたところ。

20180816152011c22.jpeg



でも病院に行ったら、獣医から見ても目の症状は「ヤバイ」レベルだそうでした。
みんなこのままだったら失明一歩手前だったらしい。。

一番小さくてガリガリの、キジ白ちゃんの片目は、目の組織が出てしまっています。
もう潰れているようです…。
泣けてきます…。

2018081615202720c.jpeg



一番衰弱していましたが、食欲は大丈夫そう。
きっと目が痛くて見えなくて、ご飯もちゃんと食べられなかったんだね…

2018081615203917c.jpeg



キジトラちゃんは眼球こそありますが、目が見えてるかどうか分かりません。


2018081615204901e.jpeg


食も細くてほかの子は食べるウェットも全然食べないので、慌てて夜中スーパーに走りミルクと離乳食を買ってきました。
今度はようやく自分で食べてくれ、ホッ…


みんな小さな可愛い子猫なのに、こんな状態可哀想すぎる。
悲しい。悔しい。


後の事を考えず、無責任に餌やりだけしてケアは全くしてやらず、猫を増やすだけ増やした環境で生まれた子猫は大体こうなるということです。
今まで何度も目の当たりにしましたが、
この子達を見てるとよく分かりますね。。



なぜこの状態で何もしないの??
なぜ平気なの??
本当に泣けてくる。


自分が置き餌しまくってるから、猫がどんどん集まって増えるのに、
通りすがりの他人が見かねて「お金出して避妊手術するから」と持ち出せば喜んだくせに、
では捕獲器で、と言った途端に態度豹変、猛烈に拒否して聞く耳持たず。
「危なく無いです、目立ちませんから」と必死に訴えました。でも駄目でした。
自分では捕まえられないし、と言っていたのに、ではどうやって捕まえろと…


後日交渉に赴いてくれた人もお手上げし。
保健所の職員さんやボランティア団体の方、相談した人みんなして首傾げます。
なぜ手術はして欲しいのに、そこまで捕獲器を目の敵にするの?って。


ああ、他でもないエサを置いてる場所で捕獲させてもらえれば、もっと早く沢山の子に手術ができただろうに。

おかげでTNRも難航し、その間にこうしてまた状態の悪い子が出てきてしまった。

頼まれてもないし、私が勝手に見かねてしている、と言われればそれまでです。
でもここはあまりにも…


人に近づかない野良猫を安全に捕まえ、安全に病院で処置するには捕獲器しかありません。
これは、猫に関わる個人団体、保護機関、役所、病院、みんな一致してる常識です。


この子達の状態はかわいそうではないのか?
事故や風邪、栄養失調で子猫が亡くなってばかりなのに、それはかわいそうではないのか?
自分が毎日ご飯やってる場所の子達でしょう?
やっぱり私にはその神経がまったく分からない。

そして身体中大量のノミだらけ。。
状態が悪い子ほど沢山付いてる気がします。。


毎日ご飯もらってる場所にしては、あり得ない子猫の状態…

過酷な生活の野良達に、せめてご飯をという気持ちは分かる。
誰かがあげたご飯で食いつなぐ子も沢山いるのも事実。
だから餌やる事自体の否定はできません。
でもこの状態を放置はあまりにもひどいし、無責任過ぎる。
逆に猫が不幸になる!!


特に、置きエサというやり方は最悪です。
エサ置きっぱなしだから、色んな所から猫がやってきて増えるし、それで弱い子は食べられなくなる。
ずっと置きっぱなしだから匂いもしてくるし、虫も湧く…
それに目立つ。
猫が嫌いな人、迷惑してる人から猫が余計に嫌われる。
衛生環境が悪い現場です。


シュシュポワも数少ない生き残りです。
シュシュポワも例に漏れず猫風邪もあったし、ノミはひどく、ふたりとも骨が浮いてるくらいガリガリでしたが、それでも生き残っただけですごい事です。
この4匹の子猫は特にひどいです。


何とかこれ以上悪くならないように目薬投薬頑張りたいです。
2018/08/15

天国のエル

前記事に、シュシュポワのペアショットを載せていますので、ぜひご覧下さいね☆
めちゃくちゃ萌えますよ♡♡♡



今日は、保護して3日で亡くなったエルの命日です。

20180815015530d3c.jpeg



エルは我が家に慣れる前に亡くなってしまったので、当時お骨は共同墓地にお願いしました。
お友達が沢山周りにいる方がいいかな、と。

なので毎年この日はお参りに行ってます。
家でもお供えをしています。


7年前の今頃、通りがかりで具合の悪そうな子猫を見かけました。

ようやくの思いで保護したら、恐らく酷い猫風邪で両目が腫れ上がっていました。
栄養失調で体がガリガリなのにお腹だけパンパンに膨れているという飢餓状態。

すぐに行った病院でも、目は治るかどうか微妙、もう失明してるかも、と言われました。


それから何とか元気になって欲しくて、私なりにはケアしたつもりでしたが、状態は悪くなり、栄養も体に付かず、力不足で亡くしてしまいました…

あれから私も色々経験や知識をつけたので、今なら助けられたかも…と考えます。


まだ3ヶ月ほどの小さな身体でした。骨と皮のガリガリ。

エサだけはばら撒きおばさんにもらっていたようですが、あまりにも具合が悪くて肉にはならなかったんでしょう…。
お腹の中にも回虫が沢山いました。


それでも、最後の最後まで生きよう生きようとしていたエル。。

亡くなる最後の晩は、ガリガリヨロヨロの足で歩こうとして、何度コケても何度も何度も立ち上がり、何とか歩こうと頑張っていました。

必死に大きな声でニャーニャー鳴いて…。生きたい!生きたい!と言ってるように見えました。


あの壮絶な光景は絶対に忘れられません。
あの生命力と、凄さも…。

本当に本当に生きようとしていた。
なのに、助けられなくて…。


命のともし火を燃やして燃やして、最後までいきようともがいて、
翌朝エルは糸の切れた人形のように静かになっていました…

亡くなった時は号泣しました。
下痢などで汚れた身体を拭いたら子猫らしいミルクの良い匂いがしました。

こんな小さいのに、あんなにあんなに生きようと頑張ってたのに。
この世にこんな悲しい事があるのか、と思いました。



犬も猫も、野良は生きるのに必死です。よく知らない人は、野良は自由で良いなんて言う人もいますが、とんでもない…。

野良は本当に辛いです。
子猫が育つなんて滅多に無くて、大体は亡くなります。

それだけでもとんでもなく悲しいのに、運良く?育ってもちゃんとしたご飯に毎日ありつける訳ではないし、こうやって猫風邪をこじらせて、目を無くした子も何人か見てきました。

もし幸い面倒を見てくれる人がいたとしたらまだ随分マシですが、それでも外にいる限り、事故や病気、猫嫌いな人から嫌がらせされたり、追い出されたり、どんなに暑くても寒くても何とか場所を見つけて耐えないといけないし、下手したら虐待や虐殺、保健所に連れていかれる事だって…。

今まで色んな事を見て、聞いて、経験して、エルの事があって余計に、幸せな野良なんていない!と断言できます。

1週間は泣き続けたと思います。
こうなったら同じ場所の大人猫を全員避妊手術して、せめて同じような不幸な子猫がこれ以上生まれないように、と思い、ご近所の方も手伝って下さり、何匹かをTNRしました。
そこで見つけたのが、今の三男です。

エルより1ヶ月くらい小さかったのですが、あんまりそっくりで、早くも生き返ったのか!と思いました。
月齢が合わないし、そんな訳ないのですが…。

もちろん、すぐに保護しました。
こんな所で小さな子猫が生きていける訳ないですから。


エルを亡くして打ちひしがれていた私を心配してくれていた方には、後日、「本当に安心した。天使が舞い降りてくれた、と思った」と言われました。
本当なら里親探しすべきだったのですが、あんまりにも思い入れが強すぎて手放せませんでした。。

そして、チャトラが大好きな、他のお兄ちゃんお姉ちゃんも大好きな、我が家になくてはならない愛され末っ子になりました。


エル、生きてたらどんなに可愛く育ったかな。。
あんなに生きたかったのに、助けてあげられなくて本当にごめんね…。

今でもエルの可愛さ、頑張り、はっきり思い出せるよ。
エルが会わせてくれた天使は、本当に元気に明るく可愛く暮らしてるよ。
あなたのおかげの他にない。
本当にありがとうね…

どうか天国で幸せに、もし生まれ変わってて猫だったなら、今度は最初から幸せな家猫で、幸せに暮らしていてね…

頑張って頑張って、頑張りぬいたエルだから。
2018/08/15

シュシュポワ萌えショット♡

今日、すごく大変な事があってクラクラしています。

あ、シュシュポワの事ではないですよ。
シュシュポワは去勢手術後至って元気で、帰ってしばらくは、病院に一泊もしたし流石に怖かったのでしょう、挙動不審でしたが、
今は何もなかったかのように普段通りです☆

大変な内容はまた明日にでも…

とにかく、
シュシュポワの萌えショットがまた撮れたので、未来のご家族に向けて放出します♡

20180815003411488.jpeg



かわいすぎるでしょう!?
ふと見上げたら、ふたりで仲良くニャンモックしてて…!!慌てて写真を撮りました☆

201808150035372d0.jpeg



20180815003558390.jpeg



毛繕いに余念がないシュシュと、それで揺れるのが眠くて仕方ないポワ。

201808150037073dd.jpeg



眠…

201808150039051bd.jpeg



201808150039338df.jpeg



あぁ…顔がどっかいっちゃってます。

20180815004002378.jpeg




最後はふたりしてねんね。

20180815004057b97.jpeg



天使です♡
幸せな光景…╰(*´︶`*)╯♡

201808150041293b9.jpeg



どうしてこんなにも仲良しなの?
と思えるくらい仲良しさんです。いつでもどこでもべったり。
ふたりとも、本当の兄弟は亡くなってしまったんでしょうから、今はお互いが兄弟で親友ですね。


20180815004222a5e.jpeg




さて、明日、というかもう今日8/15日は、昔ボロボロ状態を保護して3日で亡くしてしまった子猫の命日です。
どうして私が野良猫は不幸だと断言するのか、この子猫の存在があります。

また明日。
2018/08/11

みんな大好き、みんなも大好きシュシュポワ♡

珍しく連日投稿しましたので、前回記事もぜひ見て下さいね♪
前回アップした写真ですが、可愛いのでもう一回載せちゃおう♡

20180810233156b26.jpeg


アイドルの宣材写真のようですね。
はたまたドラマか映画のポスターでしょうか?



こんな風に、ほとんど一日中一緒にいます。

201808112257197c1.jpeg



2018081122580965b.jpeg



この後もみくちゃにケンカしてましたが…(笑)
猫のもみ合いのケンカは仲良しの証拠ですよ♡
本気のケンカとは全く違いますからね。


シュシュポワは一晩病院に泊まって、久しぶりに元気な子猫が誰もいない我が家は、静かです。

あ、手術は無事済んだようで、明朝迎えに行ってきます。
実際姿を見るまで心配は心配ですけれど( ;∀;)



今回はうちの子とのペア写真を♡

先住さんの性格にもよると思いますが、きっとすぐ仲良くなると思いますよ?


でっかいお兄ちゃんのお尻まくら♡
(お兄ちゃんはグルーミングのしすぎ防止で軽くて柔らかいアンリッカラーをつけてます。身体にすっかり馴染んでるのでご心配なく。)

20180811230613909.jpeg



20180811230752398.jpeg



シュシュはお姉ちゃんとねんね。

2018081123083999c.jpeg



「お姉ちゃんとくっつくの、好き♡」

20180811230848809.jpeg



誰にでも懐き、可愛がられるシュシュポワなのでした〜♡
2018/08/10

ほまれ(旧ミニョン)その後♡ &シュシュポワなう。

ほまれちゃんのその後です♡
里親さんが嬉しすぎる近況報告をくださいました!
ありがとうございます!

里親さんは譲渡後も、すぐにご飯やトイレの無事についてご連絡下さいました。
本当に安心で、嬉しい事この上なし!

ほまれちゃん、譲渡後2、3日は少しまだビビっていると聞いていたのですが、
昨日新しくいただいた写真を見てみて驚き!
もうゲージフリーの時もこんなにリラックス~~♪

2018081023294410e.jpeg

里親さんもほまれちゃんもすごい!!

20180810233131321.jpeg

この他にも写真、萌え萌え動画もいただいたのですが、もうすっかり馴染んでる様子!
少なくとも我が家と同じくらいにはなってると思いました。
嬉しいな~~~(* ´ ▽ ` *)

おかげ様で私もちょっぴり寂しかったのが、喜び一色になってきてます♪

ほまれちゃん、この間、里親さんが腰のあたりに傷のかさぶたがあるのを発見し、図らずも里親さんとの病院デビューとなったようです。
いつも撫でていたのに、気づきませんでした(;´・ω・);;;
傷の方は特に問題はなかったようです。
注意深くほまれちゃんを見ててくれるママで安心だね。ありがとうございます。


「お姉ちゃん良かったね!次はぼくたちが幸せになる番♡」

ついさっき、シュシュポワのめっちゃ良い写真が撮れたんです!!(´ω`人)

20180810233156b26.jpeg


シュシュは本当にポワが好きねえヾ(o´∀`o)ノ☆
ポワもシュシュが好きですよ♡

20180810233218aa3.jpeg


この間、お客さまに会って、かわいいかわいいって褒めてもらったんだよね♪

甘えん坊の寂しん坊だけどシャイなシュシュ、最初こそ人見知りしてたけど、
いっぱい遊んでもらって「最後は可愛さ爆発!」だって。

2018081023360820c.jpeg

201808102336265c8.jpeg


ポワはかなり自由で、マイペースで将来が楽しみ!って言われたんだよね♪
↓本当に自由(笑)

20180810233819ec1.jpeg

面白くて見てて飽きないんだよね♪

20180810233850291.jpeg

シュシュとポワのおかげで素敵な人たちとの出会いがあって私まで嬉しいです。

ちょうど昨日お問い合わせもいただいた方も本当に素敵な方で、残念ながら条件が合わずご縁には至らなかったのですが、
それにも関わらず本当に温かく誠実に対応いただいて…。
シュシュとポワにすごくお心を寄せて下さり、何度も募集ページを見て真剣に考えて下さったんですって。
愛情深く真剣な方からのご希望は、本当に本当に有難いです。
それだけに今回は特に心苦しかったですが…、どうか良縁がありますように、絶対幸せな猫になるだろうし、と心から思いました。

ずっと二人でいられますように、と幸せを願っていただきましたので、
頑張って引き続き里親さん募集中です♪
応援よろしくお願いします!!


無邪気なふたり、実は明日大人の階段上ってきます…!
ううう(;д;)ドキドキ…

大丈夫かな。大丈夫だろうけど。
TNRも含めて何十回と経験してますが、麻酔もかけますからね~;;;
毎度心配ですね。

無事に終わって帰ってきてくれよ。頑張って!!!
2018/08/06

ミニョン卒業おめでとう!

昨日(時間的には一昨日)、無事にミニョンをお届けしてきました。
今はまだ寂しいですが、あの子はこれからとても幸せになれると思います!!!
という事で、卒業記事を書きます。
とても長くて恐縮ですが、ミニョンの出会いの所から読んでいただければ幸いです。

RIMG8081.jpg

ミニョンとは、今手を出しているTNR現場で出会いました。
無責任な餌やりさんがご飯だけはあげてくれていましたが、「それ以外は知らん」というスタンスで、
小さな子猫が生まれては毎回、事故や栄養状態の悪さ、保護猫たちや見かけた子猫たちの様子からすると
重度の猫風邪のせいもあったかと思います、それらで亡くなっている現場でした。

その様子を当時いらっしゃった近所の方に聞いており、気になってはいたのですが、当時は特に何もせず…。

ところが、ある日通りがかりに気になる子猫を見かけたのです。
それから気になって気になって、何度も見に行った所、やはり他にも数匹の子猫やまだ若い猫、
大人猫も沢山、餌やり現場のかなり狭い敷地に、ご飯を待ってギュッと身を寄せ合って隠れている姿を発見してしまいました…。
しかも子猫は全員、明らかに猫風邪と分かる症状が沢山出ていました。
そしてその後、餌やりと話す機会があったのですが、その無責任さと、餌をやっている猫に対する軽い気持ちを知ってしまいました。

このままにはしておけない…。でもこれを全頭保護する事は不可能…。
私にもキャパがあり、守らなければならない我が家の子達がいます。
しかしこれ以上放っておくと不幸な野良猫が増えるばかり、近所から迷惑がられてしまうばかり…と
TNR(野良猫が増えないよう避妊去勢手術をする活動)を行う事を決意しました。


私は昨年、人生で最愛のパートナー猫である、チャトラを腎不全で亡くしました。
18年と8カ月、まだ実家で暮らしていた学生だった私が、目も開いていない子猫だったのを拾い、それからずっと一緒に生きてきたのがチャトラです。
チャトラを亡くした傷は本当に深く、猫というよりも私の半身であったため、それ以来気力も体力も自信も無くしている日々でしたが、
久々に「なんとかしないと」とアドレナリンが沸いてくるのを感じていました。

しかしTNRするとして、小さい子猫はどうするのか?と頭を悩ませていた所、ぼーっとしていた所を手で捕まえたシュシュ、
ポワを色々あって保護する事になり…
そしてミニョンが捕獲作業中、捕まりました。


初めて捕獲器ごしに見たミニョンは、黒っぽく汚れていて、顔を猫風邪の涙でびしょびしょにしていました。
手伝って下さった捕獲スタッフの方も私も、見た瞬間 「あー…、これは酷いですね…」 と眉を寄せるほど。

でも手術はできそうな体格だとおっしゃるので、そのまま病院に直行いただきました。
しかし結果は、思ったより体重が軽く、 生後4カ月ほどなのに800グラムしかなくて手術ができない、と…。

餌やりさんがいるとは言え、頭数管理なく増えた大勢の猫たちの間で、十分には食べられなくて。。。
きっとお腹が減って減って、それで捕獲機に入ったのでしょう…。
その段階ではまだはっきり保護するとは決めていませんでしたが、とにかく風邪の治療でできる事は全てやっていただき、そして我が家に連れ帰ってきました。


病院では恐怖心から威嚇がすごく、スタッフの方に猫パンチをしたと聞いていました。
人馴れしていないのかな…と思いながらも試しにミニョンに触ってみた所…
最初は体を固くしていましたが、びっくりするほど大人しく触らせてくれました。

RIMG8102.jpg



そして、そのまま撫で続けていたら、なんとゴロゴロ言う始末!!
しまいにはゴロンとお腹を見せて甘えてきました。

RIMG8103.jpg



なんだよ、本当はめちゃくちゃ人が好きなんじゃん…(涙)

思い切って膝にのせてみてもこの姿。
落ち着くようで、じーーーっとしていました。
威嚇する猫としたら信じられないくらい、これ、保護してすぐの写真ですよ??

IMG_8948.jpg


「ニンゲン怖い。怖い。怖い。…でも、信じてもいいのかしら?」
そんな風に言っているように思えました。

RIMG8101.jpg



お膝は本当に好きなようで、安心した表情を見せてくれました。
感動したな。

RIMG8087.jpg

RIMG8085.jpg


かわいすぎですよね♡

RIMG8116.jpg


3匹目の保護は私にとってはかなりハードルが高い事でしたが、この子の様子を見て、
外に返すという選択肢は無くなりました。
正直不安いっぱいだけど、こんな子を外には返せない。

それに、返したらまたお腹を減らして痩せてしまう。この状態で外にいたのなら、きっとその内命も無くなってしまうだろう…。
とにかく保護しよう。その気持ちでした。


ミニョンは実際、大変に素晴らしい子でした。

手が足りない我が家でも、ミニョンは本当に良い子で、かわいくて、優しくて。
そしてとても甘えん坊。

ビクビクしながらも、日に日に心をといてくれ、

RIMG8091.jpg


日に日に可愛い姿を沢山見せてくれ、

20180712215807a07.jpeg


無邪気に遊んだり、じゃれて甘えたり

20180712220641c96.jpegIMG_9259.jpg


日に日に本来の子猫らしい姿を取り戻し、甘えん坊ぶりを発揮していくミニョン。

本当に本当に本当に、その姿やいじらしい性格が、仕草が、
可愛くて愛しくて仕方なかったよ。

IMG_9249.jpg


愛しい猫たちを守っているつもりが、実は支え守られているのはこちらなのだと、
こういう時いつも思います。

ミニョンも、その可愛さとがんばり、いじさしさで私を支えてくれました。
本当にありがとうね。



募集時は保護してから1週間しか経っておらず、実はベタベタの甘えん坊とはいえ、
まだまだシャーシャーと言ってしまう、完全に人馴れしているとは言えなかったミニョン。
しかしそれでも何組かの方からお問い合わせいただき、本当に有難かったです。

ミニョンの特別な美しさと、ビビりだけど可愛らしい性格のおかげかな!


ミニョンの里親さんになってくれたのは、お若いながらすごくしっかりされている方。
ブログも見て下さり、写真で見るミニョンの顔に運命を感じたそうで、お問い合わせ下さいました。

お問い合わせの時から、こちらの不躾で細かい質問にも本当に詳しく丁寧にご回答くださって、
そのご回答の数々にミニョンに対する真剣さと情の深さが伺え、とてもとても嬉しかったです。

お願い事に同意してくれても、ホイホイと簡単に返事するのではなく、熟慮されてから回答される方。


そうして何回かのやり取りを経て、里親さんのお宅でお見合いをしていただきました。

どうかミニョンに良縁を、との思いから始めはド緊張でお伺いした私。
お見合い時にはお母様も同席下さって、里親さんもお母様も本当に素敵なお人柄で、
ミニョンの事を既に本当にかわいく思って下さっていました。

初めて猫と暮らすという事で、お見合いの頃には本当に色々とよく調べて下さっていました。
動物病院、子猫の特性、脱走防止対策、そろえるべきグッズなど、本当に色々。

また、親戚も猫と暮らす方が多いそうで、お二人が話されるどのお家の子の話を聞いても、昔いた亀さんのお話を聞いても、
本当に動物を慈しみ、大切にし、家族として愛情を持っておられる方々だ、と思いました。


私、恥ずかしながらお見合いの時に泣いてしまったんですよ;
やっぱり、ミニョンは今や大事な大事な子で、
ひとりひとり大切にお世話や看病する事は、心身・金銭的にも本当に大変な事で、
本当に一生幸せにしてあげたいと思ったら、里親さん募集には色んな心配があります。

「でもこの子の幸せだけを思って、やってきたので…。だから手放した後も幸せかどうか知りたいです。」
の下りで涙が出てしまって;;;
そうしたら里親さんも泣いてしまって、私たちが泣いているのを見てお母様まで泣いてしまって。
しばし3人で涙するという(汗)

涙を伝染させてしまって申し訳なかったですが、それで本当に温かい方々だと思い、
大げさかもしれないですが、救われる気がしました。


事前のやり取りで「たぶんこのくらいでしょうか」とお見合いの時間を想像してお伝えしていたのですが、
ミニョンがお利口にしてくれてたのとついつい話が長くなり;、言っていた時間を大幅に過ぎてしまいましたが;;、
とても真剣にお見合いいただき、大変良くしてくださいました。

帰りにはお母様がわざわざ車で自宅まで送って下さって!
女性3人でしゃべりながらの道中。
里親さんのお人柄もさる事ながら、
「うちの孫を預かっていただいているんですから!」と何度も言って下さったお母様。。。
お二人のお人柄や動物を思う気持ちに、温かな思いがあふれてきました。


ミニョンにはこの方しかいないような気がする。
お見合い後、そういう気持ちになりました。


たぶん、「まだ決まる訳ではないから」と、お見合いの途中では確定的な事をおっしゃらないで、
お母様にもそう話されていたらしい里親さん。
それでもお見合いの最後の方には、
「え、もう他のお見合い予定はないんですか。えー、じゃあ…うちにおいでよ」と
ミニョンに話しかけられておられました。

とはいえ、長くて20数年生きる命の事。
当然大変な事も多々あるし、正式譲渡となると、特に脱走防止対策など、猫の一生の安全と幸せの為にお約束いただきたい事も。
改めて色々お話しさせてもらいましたが、それでも本当に大丈夫かどうか、再度お考えいただくようお願いしました。


と言いつつ、家に帰ってからもソワソワして、家の中をうろうろしていた私です。
あの反応からして断られるとは思えなかったですが、それでももし…と考えたら心配で。

しかし、早々に里親さんから
「ぜひとも、ミニョンちゃんの里親にならせてください」
「どんな子でも、絶対に最後まで面倒を見ようと覚悟の上で応募しましたので」

とお返事がきました!

どれだけ嬉しかったか。
この子は幸せになれるんだ!!そう思いました。



かわいいミニョンに、卒業前夜は最後にベタベタさせてもらいました。

IMG_9560.jpg


手が足りない我が家で、よくここまで甘えてくれるようになったね…。
本当にあなたは素晴らしい子です。

IMG_9515.jpg


本当にありがとう。

IMG_9512.jpg



一生の幸せへの旅立ちとは言え、毎度の事になりますが、その時になると大きな寂しさに襲われてしまいます。
こればっかりは何匹経験しても慣れないものです^^;


さあ、本当のお家に行こうね!


臆病なので、しばらく馴染むまでは慣れているゲージから、少しでも安心して過ごしてほしいと、
普段使っているゲージと、お嫁入り道具?を持って出発!


着いた私が見たものは、すごい脱走防止対策!!

IMG_9556.jpg


これ、里親さんがご自分で色々調べて、
ベビーゲートをW使いする脱走防止柵を作って下さったのです。
写真では途中経過を教えて下さっていましたが、実際見てみたら本当にすごくて!

かなり頑丈で、5センチ幅の柵はスチールネットやスノコで完全に隙間がふさがっていました!

途中経過の時に、私が「既存の柵の幅のままだと、ミニョンの頭のサイズだと抜け出してしまいそう」と
重ねてお願いしてしまったのですが^^;、
思っていた以上にがっちりとガードして下さっていて、感動!!

開けたら自動的に閉まるそうで、機能的ですね♪

天井までがっちりスチールネットで防御!

IMG_9557.jpg


めったに開けない、というベランダ窓にも脱走防止対策して下さいました。

こちらはつっぱり棒とスチールネットで。

IMG_9522.jpg


いつでも誰にでも、何年一緒に暮らそうと脱走は起こりえる。
だからこそ、脱走防止には、猫を守ろうとするご家族の本物の愛と責任が見えると思っています。

里親さんの確かな愛、本当に安心しました。


ゲージを組みたて、今まで行った医療と健康状態を改めてお話しして。
誓約書にサインいただき、晴れてミニョンに家族ができました♪

(ちなみに…
最初、里親さんもびっくりしてしまわれたのですが^^;
譲渡誓約書は、いつも皆さまに同じ内容の物にサインいただいていますが、結構シビアな書き方になってます。

これは、昔いたグループや、知り合いの保護主さんの誓約書をいただいて作成したもので、
もちろん信用して命を託すに至った里親さんを信じていますが、それでも里親詐欺や悪質なケースは後を絶たないため、
万万万が一の事を考えて効力と抑止力の為、大事な大事な命を守る最終手段として、『悪質なケースに対しては』結構シビアに書いています。
また、文書にするとキツくなるのは否めないです。すみません;

ただ、誓約書はキツくても、『悪質なケースに対しては』なので、普通に大事にしていただければ一切問題ありませんし、
今までの里親さんにも本当に恵まれて、みんな幸せになっているので、猫を返してもらったりといった事も一度もありません。

最終的には「要はこれらをしなければ良いって事ですもんね」、と里親さんもおっしゃっておられましたが、その通りです^^ ☆)




長くなってしまいましたが…
ママとの2ショット♡

IMG_9552.jpg

ママ、ミニョンの事をしきりに
「いい子だもん」「かわいいもんね」
とべた褒めでした♪

IMG_9553.jpg


本当にいい子に抱かれてるね♪
めちゃくちゃ可愛い♡

IMG_9555.jpg


気持ちよさそうに、ずーーっとお膝に乗っていました♪
優しいママだと、きっとミニョンにも分かったんでしょう。ふたりともすごいなあ。
良かったね…(涙)

IMG_9554.jpg



臆病だから、慣れるのに時間がかかるかな、と一抹の心配はありましたが、
この様子だとやっぱり早いんじゃないかな!!


ミニョンはこの度、「ほまれ」という名前をつけてもらいました。
お見合い後から、里親さんがずっと考えて下さった名前。
ご自身の姓と相性診断までして、相性の良い「誉」という名前にされたそう。
本当に子供みたいに。

誉、だって。
なんて幸せな名前なんだろうね。


痩せて汚れて、誰からも気にかけてもらえない野良猫だったミニョン。、
それでも小さな体で頑張ってきたミニョン。

本当に悩んだし、大変だったけど、保護してよかった。本当にそう思いました。

「これが本当のママだよ」と、ほまれに言ったら、里親さんは「または下僕」とおっしゃいました(笑)
そう、そうとも言う。(笑)(笑)


私も2ショットをお願いしました^^
IMG_9551.jpg


大好きだった、これからもずっと大好きな子だから、今は正直とても寂しいです。

でも、里親さんがこれからも近況と写真を送ってくださるので、いずれ私も喜び一色になるでしょう。

この子を本当に大事に思って下さる優しい里親さんの元で、これからどう生き生きと暮らしていくのか、どんなレディになるのか、
今後そのお知らせが本当に楽しみです。心から。


いつもですが、里親さん達からの近況連絡は、譲渡から何年たっても私にとって人生で最大の喜びの一つです。
里子に出た子は、うちの子と並んで私の宝物ですから。


ほまれちゃんはきっと私を忘れるけど、私はずっとほまれちゃんが大好き。

どうかこれからはお外での苦労や怖さを忘れて、ずっと安心してずっと幸せに暮らして欲しい。
この子の猫生が生涯、いっぱいの愛と幸せで包まれますように。
いつまでもいつまでも心からそれを願っています。

そして里親さんもまた、ほまれちゃんとの暮らしが幸せで光り輝くものでありますように!
優しい里親さん、ほまれちゃんを迎えて下さり、本当にありがとうございました。
どうか末永くよろしくお願いします。


ミニョン、ほまれちゃん、保護させてくれて、いつも可愛くいてくれて、本当にありがとう!!
幸せになってね!!!!!


201807291608556ca.jpeg

皆様、本当にありがとうございました。
2018/08/03

卒業前夜&タイプの違うふたり

明日卒業のミニョンです。
いよいよです。
この子の幸せの為の別れだと思ってるので我慢できるけど、やっぱり日が近くなってくると寂しかったーーー。゚(゚´ω`゚)゚。

20180803211040e56.jpeg



ウンPはあれから薬のおかげかもだけど、ほぼ良くなって、本ニャンは元気いっぱいです♪

20180803211105a34.jpeg


今夜はミニョンと思いっきりラブラブします!


ぺったりシュシュポワ。

201808032116347c4.jpeg




20180803211612f7f.jpeg



体格はほぼ一緒だけど、スレンダーで手足の立派なシュシュと、手足がほっそりしてぽっちゃり気味のポワ。
やっぱり全くタイプの違うふたり(笑)
ふた粒で何倍にも魅力が増すコンビです☆

201808032117537ed.jpeg



尻尾だってこの違い!

201808032120596f5.jpeg